IT求人募集.com

エンジニア・デザイナーなどIT系のお仕事紹介

フリーランス 手続き関連

サラリーマンからフリーランスに!独立する時に必要な開業届の手続き

投稿日:

会社員からフリーランスになった時には、会社員時代には行わなくてよかったさまざまな手続きがでてくるので慣れるまでは戸惑うこともあるでしょう。

例えば会社員の時に加入していた厚生年金を国民年金に切り替えたり、健康保険も会社のものから大多数の方が国民健康保険に変更します。
どれも退職日から何日以内と期限が決まっているので、漏れなく手続きをすることが大切です。

またフリーランスになった場合、毎年の年度末に確定申告の手続きをする必要がでてきますが確定申告する場合は事前に開業届を提出しておく必要があります。
会社員からフリーランスになる方が退職前後の手続きに追われて意外と見落としがちなのが開業届の手続きではないでしょうか。

今回は開業に関する手続きについてご紹介します。

PR

開業届の手続きの期限と提出先

開業届の提出の期限に関しては、事業を始めてから1ヵ月以内までにするとされています。

ですが、もし期限を過ぎてしまった場合でも、罰則が発生する事はない上に提出ができなくなるような事もないので、出し忘れたと気づいたら早めに管轄の税務署に提出しにいきましょう。

書類を提出する管轄の税務所は国税庁のホームページから確認することができますし
郵送でも対応してくれます。

開業届の手続きの仕方

まず開業届の手続きをする時には個人事業の開業・廃業等届出書を用意しましょう。
この書類は税務署にも用意されていますし、インターネット上でダウンロードする事も可能です。

国税庁−個人事業の開業・廃業等届出書

個人事業の開業・廃業等届け出に記入する内容は、氏名や住所、電話番号などに加えて個人番号(マイナンバー)、屋号・開業日、事業内容などです。

記入が完了したら記入が誤っている事や不十分な所はないかをチェックしましょう。
問題なければ、念のため提出前に開業届のコピーを用意しておくといいですね。
税務署には利用者が使えるコピー機がない場合がほとんどなので、事前に自宅かコンビニで控えを用意しておきます。
提出するものと一緒に出せば控えのハンコを押して貰えるので控えは大切に保管しておきましょう。
書類に不備がなければ提出自体はすぐに完了します。

開業届と一緒に提出したい書類

またITフリーランスになる方が開業届けと同じタイミングで出すものとして青色申告承認申請書があげられます。
確定申告には白色申告と青色申告があり、青色申告は白色に比べると帳簿の付けるときに手間がかかりますが、今は手軽を会計ソフト導入することができるのでほとんどの方が青色申告をしているといってもいいでしょう。
こちらを提出することで、65万円分の控除を受けられる青色申告で確定申告をすることができます。

 

フリーランスになった当初は手続き関連で役所を回ることもあるでしょう。
なるべくスムーズに手続きを完了させるために行く場所と提出する書類をリスト化しておくと便利です。

またIT系でフリーランスとして活動する場合、はじめはエージェントに登録する方もいるかもしれません。
そういった方はエージェントに登録し面談する時間の調整も必要ですね。

何事もはじめが大切です、書類の提出は忘れないようにしっかりしておきましょう。




-フリーランス, 手続き関連

関連記事

ITエンジニア系で人気の求人サイト5選

ITエンジニアが仕事を探すには、その分野に強い求人サイトの利用がおすすめです。 特にまだ仕事のイロハがわからない駆け出しの頃ほど、便利な求人サイトを存分に活用することがフリーランスの鉄則となります。 …

成功への近道!IT・エンジニア系でぴったりの求人情報を探すコツ

IT・エンジニア系のフリーで働き続けるためには、自分にぴったりの仕事を見つけて、実力を証明していく必要があるでしょう。 しかし世の中にはたくさんの求人が溢れているため、いい加減に探しているといつまでた …

ITエンジニアに欠かせない!求人の際にも重要視されるコミュニケーションについて

ITエンジニアには、プログラミング技術や専門的な知識がいくつも必要になるでしょう。 しかしそれに負けないくらい重要だといわれているのが、意外にもコミュニケーション能力なのです。 ただ黙々とパソコンに向 …

自宅で仕事がし辛い時にはコワーキングスペースを使ってみては?

フリーランスの仕事場は、なにも自宅だけに限りません。 多くの人と居場所を共有することが苦ではないのなら、コワーキングスペースを利用してみてはいかがでしょうか。 シェアオフィスとも呼ばれるこちらのスペー …

求人や転職の際に考えたい、ITエンジニアの将来性について

さまざまな技術革新が行われている昨今、今ある職業が将来も存在しているという保証はどこにもありません。 将来性を重視して求人募集から職業を選ぶことは、大切な基準となることでしょう。 果たしてITエンジニ …